隅っこの部屋

葛西で見た風景

昨年12月の事なので少し時間が経ってしまったが、もったいないのでご紹介。
まるでTVで見たウユニ塩原(ウユニ塩湖)のように空の中に浮かんでいるような光景。

20161202-9.jpg

なぎさ橋が見えているので知っている人にはすぐに分かると思うが、葛西臨海水族園入り口の
池越しの風景だ。
入る時にはこんな光景が見られるとは想像もしていなかったのだが、
出て来た時に目の前に広がっていてびっくり。
風が無く、空に雲が浮かんでいる日にだけこんなふうに見えるのかも。

CIMG9435-c.jpg


他にもこの周辺では、ちょっと不思議な感じの風景が撮れた。

20161202-1.jpg
まるでデ・キリコの絵の背景の中を歩いているよう。

20161202-5.jpg

平日だからか人もあまりいなくて、静かで不思議な時間だった。

20161202-b.jpg


20161202-d.jpg
これは観覧車からの風景。

20161202-10.jpg

20161202-14.jpg
メタリックでかっこいいマグロ。



  1. 2017/01/31(火) 16:55:00|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年版カレンダー

もう明日から来年ですが・・・
詳細はこちら→

17art2.jpg


  1. 2016/12/31(土) 14:16:42|
  2. 作品のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の京都

11月末、京都を訪れた。ちょうど紅葉の盛りで、大変な人出だった。
人混みや行列が出来てしまっている所が多いものの、意外とゆっくり歩ける場所もあり
本来その場所が持っている良さと、印象にずれが出てしまうのはやむを得ない。

20161121-1.jpg

天竜寺
20161121-2.jpg

20161121-3.jpg

二尊院
20161121-6.jpg

祇王寺
20161121-9.jpg


今回、紅葉とは別に好印象だったのは、大覚寺だった。
人出も多すぎず少なすぎず、お寺の雰囲気を味わえたし、佐賀菊展の花に飾られた景色も
品よく美しい。
そして複製ではあるが宸殿の襖絵。というか襖絵で飾られた部屋そのものの雰囲気がいい。
手前の障子が外されておらず、半蔀(はじとみ)が上げられた部分からのぞき込むような形だったので
その薄暗さ加減が自然で、実際にここを部屋として使うとこんな感じなのかな、と想像できて、
インスタレーションを味わっているような感覚にもなった。
襖絵を見るためだけだと完全に開け放たれていた方が親切なのかもしれないが、
このような形で部屋の雰囲気を楽しめたのが新鮮で印象深かった。
20161121-16.jpg

20161121-17.jpg


東福寺などは今年から橋の上からの撮影が禁止になったと報じられていたが、本当にすごい人だった。
紅葉が見事な場所に入るのにチケットが必要なので買って入っては見たものの、
途中、高齢の母がこれ以上進むのは無理と判断し、方向転換して出てきてしまった。
お寺も試行錯誤中とは思うが、あの小川を越える谷に降りなければ通天橋を通れないコース設定は
どうだろうか、と思う。八相の庭の方は多少落ち着いて見られた。
20161122-1.jpg

20161122-3.jpg

20161122-4.jpg

20161122-7.jpg








  1. 2016/12/17(土) 17:05:38|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入間航空祭2016


今年も入間航空祭を軽く紹介。11月3日、今年もよく晴れた。
20161103-1.jpg

                    今年の星 ・ 今年のハート(角度的に去年よりちゃんとハートに見える)
20161103-a.jpg


同じ演目でも去年と微妙にカーブが違うような。                 「の」
20161103-b.jpg


2015年航空祭の様子・(今年と同じ場所)
2014年航空祭の様子・入曽多目的広場にて
2012年航空祭の様子・彩の森入間公園にて



畑でたたずむ人多数。
20161103-6.jpg



  1. 2016/11/18(金) 17:14:06|
  2. いろいろなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100円ショップの定規のメモリが・・・

数年使っていた100円ショップの定規のメモリがあやしい事が判明した。
トレーシングペーパーのロールを断つ時に使う事が多かったので重大な支障があったわけでは
ないけれど、今頃気付いたという事がショックだ。

今回のカレンダー展のためにマットを用意する過程で、測った結果とミリ単位の計算が
微妙に合わないので確かめたところ・・・

jyougi2.jpg
昔いづみやで購入した45センチの定規と比べると1.2mm程度足りない。





jyougi3.jpg
つい最近、世界堂で購入した40cmの定規と比べてもずれている。


jyougi4.jpg
20cmの所でも既に少し合っていない。



普段よく使っている定規を次々チェックしてみる。

jyougi1.jpg

下の大きい三角定規とその上の45cmがいづみやマーク。
その上が問題の100円ショップ50cm。
上から二番目が世界堂の45cm、STAEDTLER(ステッドラー)1900円
一番上はどこで買ったか分からないが、KUTSUWAのロゴ入り30cm
問題があったのはロゴ無し100円の50cm定規だけだった。

絵、そのものは線をひいてから水張りしてはがすと多少伸び縮みするし
仕事用は四方数ミリ大きめに描くし、データにすればその時に必要な大きさに正確に切り取れる。
測るだけなら50cより大きければ裁縫用の巻き尺を使う事もあるから、1ミリ程度が問題になる事もあまりないけれど、
やはり定規でメモリが信用できなければ駄目だろう。

1900円の定規を買った時に高いと思ったけれど、メモリが正確というのは実はすごい事なのだと改めて思ったのであった。



  1. 2016/10/16(日) 17:27:01|
  2. 画材のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ