隅っこの部屋

山歩き

ゴールデンウィーク最終日の5月6日、低山ハイキングに出かけた。

自分たちの体力では、初級~初心者向けの山しか選べないので、近場でぐるっと四方が見晴らせる景色が
好印象だった関八州見晴台にまた行ってみる事にした。
 前回訪れたのは2012年春。少しだけ残った桜が頂上付近で散る風情が心地よかったが、
今回は思いがけず(調査不足とも言う)つつじに囲まれた山道を楽しむ事ができた。

20150506-7.jpg



20150506-3.jpg


街が見える方角。西武ドームも見える
20150506-5.jpg

山ではいつもウグイスの鳴き声が聞こえるので、掛け合いをしてみたくて 子供の頃に山登りハイキングの時、
売店で買った鶯笛を持って行った。
甥っ子の口笛より音がくすんでいるけれど、なかなかいい感じで鳥と会話できた。(ような気がする)

20150506-4.jpg

本物の鶯は「ホ~ホケキョ」じゃなくて「ホ~ホケキキョ」
yama2.jpg

子供の頃、親に連れられて簡単に行ける範囲の山に何回か行ったが
当時は登りの苦しさの印象の方が強く、そこそこ楽しくはあっても山の魅力にそれほどの感慨は無かったものだ。

ところが、ある程度の年齢になってから突然「山に行きたい!」と思うようになる。
心のどこかに昔体験した爽やかさの感覚が残っていたのだろう。

家の近くに畑や雑木林はあるけれど、ある程度まとまった時間 土を踏む感触が味わえ、ひんやりした空気や
鳥の声に囲まれて、多少の達成感と景色を楽しめるのは、そして、きゅうりと唐揚げがこれほど美味しく食べられ
るのは(たとえ低くても)山しかない。
それが日常で得難いものだと知るのにだいぶ時間がかかってしまった。

数年前に姪が「山に行った事無いし楽しさも分からない」と言うのを聞いて行き始めたのだが きっといつか、
甥や姪が中高年(中高生ではない)になったら、この体験を思い出してまた行きたいと思ってくれるのではないかと思う。

ところで、NHKの山番組ですっかりどこにでも行けそうな気分になっても、実際の体力は平均以下なのである。
ヤワな筋肉と体力でハイキングを楽しむためには色々な準備が当然必要だ。
まずヤワはヤワなりに鍛える。ひと月ほど前から20cm程度のお風呂イスを使って踏み台昇降300回(うち200回は
前に降りて後ろに上がる。下りに役立つと信じて)朝食後にTVを見ながら行う。
面倒くさがりでも続けられて効率のいい運動はこれしかない。

前回から導入したトレッキングポールは、二本のうち一本は小学生の甥に貸して、自分は竿を刺す船頭さんのように
両手で使用。格好良くはないけれどこれが一番らくちんだ。

         よっこい              しょ
yama002.jpg

降りの後半で左ひざの脇の筋が痛くなるのを防ぐバンド。
20141116-6.jpg

山に行く時だけ後半になると出る症状なので、痛む場所と症状から検索した結果、腸脛靭帯炎(ランナー膝)と
同じ症状と推測。
使用してみたところ、下りの途中で違和感が出ても痛くなる直前のような状態で踏みとどまりつづける事が
できるようになったので、ハイキングに欠かせないアイテムとなった。

 以前一度、登りでは着けず、降る時に巻いたら痛くなってしまったので、登り出す前に必ず巻く。
20141116-7.jpg

痛くなってから巻いても症状は軽くならないが予防の効果はある程度あると思う。
(興味のある方は「腸脛靭帯炎 サポーター」で画像検索してみて下さい)

  1. 2015/05/17(日) 12:46:20|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本城

先週の土、日に松本方面へ行って来た。
ちょうど強い寒波が来た頃で心配していたけれど、昼間は雪にならずに済んだ。

20141207-1.jpg
うっすらと雪が残る中の松本城。

入り口方面にものすごい行列があり、この季節でこんなに混んでいるのか!?と焦ったが、
近付いて見ると松本山雅のJ1昇格の報告会イベントだった。

20141207-2.jpg
一般観光客は左側から中へ。

古いお城に不釣合いなJリーグのテーマ曲(J's THEME)をBGMに観賞する国宝松本城。
でも、こういう場所をこういったイベントに使えるっていいなと思う。
大事にされつつ市民に身近な存在でありつづけているのが分かる。

今後この音楽を聞くと松本城を思い出しそうだ。
20141207-3.jpg

20141207-B.jpg

今回、美術館には一つも行けなかった。
半年くらい前に日曜美術館のアートシーンで長野の風景をたくさん描いた奥田郁太郎の
展覧会を紹介していたが、いつか見る機会があればいいなと思う。


  1. 2014/12/14(日) 17:06:26|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入間航空祭2014 (もう二週間も前の話題ですが)

今年の入間航空祭は、滑走路手前の運動公園へ。
飛行場が直接見えないかわりにのんびりできる場所です。

20141103ya3.jpg
飛び立つ直前のブルーインパルスのおしりは少し見える。

20111103-2-2.jpg
2012年に紹介した彩の森公園
より空が広い。


ここでの見学でいい点は、ちょうど真上で飛行機がひねったりするところ。
煙の航跡よりも、ひねり業に感動できる。
ただ、演技中、縦に近付いてくるジェット機は速すぎてなかなかいい写真は撮れず
ハートなどの図形はよほど広角でないと近すぎて全部入らない。
20141103-2.jpg

20141103-3.jpg
思わず「五輪だ!」と叫んだ演目は後で調べたら「サクラ」だった。
どうりで、どこから見れば見知った五輪になるのか分からなかったわけだ…。
よく見たら6輪だし。
勘違いしていたとはいえ、初めて見る演目でちょっと感動。(誤解入り)

20141103-5.jpg
演技終了後に一基ずつ降りて来る飛行機がかなり近くで見える。
時々手を振ってくれたりするのも見えるらしい。

プログラムでは13:05分からだったが、飛行場内のセレモニーは一切見えないので、
この日のように風の冷たい日は、待つ時間が辛かった。
場所取りの心配もそれほど無いし、実際飛び始めたのは13:30過ぎだったので
もう少し遅く来ても良かったかも。


  1. 2014/11/17(月) 17:07:17|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

混雑覚悟で挑んだ、鎌倉あじさい巡りの巻。

何度も足を運んだ事があるなら穴場を狙う手もあるだろうけど、最初はやはり王道を。
という事で「明月院」「長谷寺」「成就院」いくぞー!(不安)
事前リサーチを自分なりに重ねて、いざ。中学時代からの友人とともに。

15日か29日かの選択で、W杯の事も少し頭をかすめたけれど、
「少し遅いよりは少し早い方が花も綺麗かもしれない」と15日に決めた。

明月院
1meigetsuin.jpg

この日は10時からW杯のコートジボワール戦があったので、その影響も多少あったか?
9時半頃の到着だけど覚悟していたよりは中で自由に歩けたと思うがどうだろう。
少し小ぶりな薄いブルーの紫陽花。第一印象は「意外と地味」、でも一日色々華やかな紫陽花を
見て回ると、「後で思い返すとすごく上品だった」と思う。

一日歩く事を考えて、無理せず明月院からバスに乗る。
八幡宮裏で下車、八幡宮の中を通ってから鏑木清方美術館へ。
掛け軸で飾ってあった「朝涼」がとても綺麗だった。

鎌倉駅から江ノ電の様子を見るとホームが人で溢れて「20分待ちです」の放送が・・・。
ここでも無理せずバスを選択。長谷観音前で下車して長谷寺へ。
5hasedera.jpg

入場券を買って整理券をもらって入ると、これが噂の掲示板か
予想通り90分待ちなのを確認して一旦外へ出る。
ここまでは順調だったものの、昼を食べる店を探すのに少し苦労した。

目に付く店はどこも行列、行列の無かったお好み焼きやさんは扇風機仕様で大変暑そうだった。
一度はお好み焼きやさんのに入ろうと、入り口の椅子に座っていたものの、あまりの熱気に
「熱中症で死んじゃうかも!!」とパニックになりかかり
どうせ90分待つのだからうどん屋の日陰の列に並んだ方がいいと並びなおす。

結果的には90分後に散策路入り口に戻れたので、待ち時間も無駄にせずにちょうど良かった。

長谷寺
11hasedera5.jpg

散策路の中にも列が出来ていたけれど、ゆっくり進んで観賞と撮影が出来たので満足。
長谷寺はたくさんの人をさばくのに慣れている。整理券での管理も、遅れる分には多少ルーズでも
大丈夫だし、どんな感じか分かってさえいればイライラする事も無いと思う。
ただ、昼ごはんは混む季節は長谷近辺ではなく他の場所で食べて来た方がいいかもしれない。


私のリクエストで美術館に寄らせてもらったので、友人の希望の「ドラマのロケ地」を少し歩く。
御霊神社経由、で成就院へ。(途中で、ネットでよく見かける紫陽花をしょった郵便ポストも見られる)

成就院
12jyoujyuin.jpg
階段下の門を入ると、分かってはいたけど「うわっすごい人だー!」

13jyoujyuin2.jpg


14jyoujyuin3.jpg
それでもこのくらいの写真は撮れる。
「つまってしまって歩けない」のではなく、混んでいる商店街を歩く感じ。

そのまま向こう側に階段を降りて極楽寺駅へ。

稲村ガ崎まで江ノ電で一駅。
ふらっと歩いて見つけたパン屋さんでアイスコーヒーをいただいた。
リチャード ル ブランジェ
16richard le boulanger

最後は海!埼玉県民に嬉しい海!

稲村ガ崎
17inamuragasaki.jpg
波の音に癒される。
夕日の時間には少し早いけど、夕方の日差しの中のんびりした雰囲気がとてもよかった。
19inamuragasaki3.jpg


紫陽花の名所といわれる寺以外でも、町のそこここに色々な紫陽花の鉢が置かれたり
生けられていたりして、さすが紫陽花で人を呼んでいるだけある。
ajisai-b.jpg
見た事も無いような種類の紫陽花もたくさんみられた。

紫陽花は水彩で描きたくなる色だと思う。

  1. 2014/06/19(木) 23:50:10|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美の山公園

忙しい合間お花見に一日使い、またずっと一歩も外に出ない日を過ごして
久々に発送のために外に出るとチューリップが咲いていて
忙しいのががひと段落したとたんに一週間風邪をひき
復調してすぐに山つつじを見にハイキングに行ってきた。
季節の花が家の外に出るたびにいつの間にか移り変わって飛ぶように時間が過ぎていく。

20140506-1.jpg
5月6日の美の山、山つつじ

20140506-2.jpg
八重桜にはちょっと遅かった

20140506-3.jpg
山頂の公園から見る秩父鉄道とセメント工場
山に登り始めた頃、SLの汽笛が何度も鳴っていた。
上りの汽車が走る時間、山の中で音だけ聞こえて何も見えずもどかしかった。

20140506-4.jpg
ところが帰りの和銅黒谷駅で偶然、下りのSLが通過する時間に当たった!
武甲山とSL

20140506-5.jpg
ゆっくりと通過する汽車を間近で見送る。
正面から迫ってきてすごい迫力!
花と汽車が見られて満足です。


  1. 2014/05/12(月) 17:19:31|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ