隅っこの部屋

秋の京都

11月末、京都を訪れた。ちょうど紅葉の盛りで、大変な人出だった。
人混みや行列が出来てしまっている所が多いものの、意外とゆっくり歩ける場所もあり
本来その場所が持っている良さと、印象にずれが出てしまうのはやむを得ない。

20161121-1.jpg

天竜寺
20161121-2.jpg

20161121-3.jpg

二尊院
20161121-6.jpg

祇王寺
20161121-9.jpg


今回、紅葉とは別に好印象だったのは、大覚寺だった。
人出も多すぎず少なすぎず、お寺の雰囲気を味わえたし、佐賀菊展の花に飾られた景色も
品よく美しい。
そして複製ではあるが宸殿の襖絵。というか襖絵で飾られた部屋そのものの雰囲気がいい。
手前の障子が外されておらず、半蔀(はじとみ)が上げられた部分からのぞき込むような形だったので
その薄暗さ加減が自然で、実際にここを部屋として使うとこんな感じなのかな、と想像できて、
インスタレーションを味わっているような感覚にもなった。
襖絵を見るためだけだと完全に開け放たれていた方が親切なのかもしれないが、
このような形で部屋の雰囲気を楽しめたのが新鮮で印象深かった。
20161121-16.jpg

20161121-17.jpg


東福寺などは今年から橋の上からの撮影が禁止になったと報じられていたが、本当にすごい人だった。
紅葉が見事な場所に入るのにチケットが必要なので買って入っては見たものの、
途中、高齢の母がこれ以上進むのは無理と判断し、方向転換して出てきてしまった。
お寺も試行錯誤中とは思うが、あの小川を越える谷に降りなければ通天橋を通れないコース設定は
どうだろうか、と思う。八相の庭の方は多少落ち着いて見られた。
20161122-1.jpg

20161122-3.jpg

20161122-4.jpg

20161122-7.jpg








  1. 2016/12/17(土) 17:05:38|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年版カレンダー | ホーム | 入間航空祭2016>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keyaki7.blog.fc2.com/tb.php/70-73228805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)