隅っこの部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黄金町バザール2015

黄金町バザールに訪れるのは2010年、2014年につづき今回で三回目。
過去二回は、サポーターとして参加している友人と一緒に回ったので、作品について解説して
もらいながらじっくり観賞したのだが、今回は前半は一人で回り、途中で友人と会う事になった。
事前に手にしていたパスポートの中で作者について軽く紹介されていたのだが、
そこを読み込まずに見始めたので、ちょっと変わった(邪道な?)楽しみを見つける事になった。

bazaar002.jpg

黄金町駅側から日ノ出町駅方面へ向かって回り始めると、まず作品の所に解説文の類が一切無い場所
が多い事に気付く。
時間帯とめぐり合わせで、始めのうちは建物の中で人に会う事も無く、道を歩く間もほぼ一人だけ。
狭い間口の扉を開けて、言わば勝手に人のお宅(会場なのだが)に入ると電気も点いていて(会場なので)
普通の建物のはずなのに非日常の空間がある。
いくつもそんな場所を渡り歩くうちに、どこか"奇妙な世界"の街に入り込んで彷徨っているような気持ちになり、とても不思議な体験をしている感覚を持った。
「何この時間、シュールだ・・・病み付きになりそう」と心の中でつぶやきながら、説明一つ無いインスタレーションをめぐる時間を楽しむ。
途中で来場者に会ったり受け付けに人がいると、少し夢から覚めたような気分になった。

20151025-11.jpg

20151025-10.jpg

20151025-5.jpg

20151025-7.jpg

20151025-15.jpg

20151025-2.jpg

20151025-8.jpg



半分ちょっと見たあたりで友人と会い、そこから後は、作品に関する情報をもらいながら見て回ったので、
前半のふわふわした感覚とは違った落ち着いた観賞となった。

作者の意図が分かった上で見ると、アーティストが本来表したかったものが浮き出てくる。
解説がある展示場と無い展示場と両方あり、無い場所というのは自由に受け取って欲しいという思いもあるのかも?
コミュニティーや街づくり、人との交流がテーマとしている場所で、無人の中、作品としての空間にだけ向き合うのと、作品の背景を知って話をしながら見るのと、どちらが作者の本意にかなうところなのか、少々考えさせられた。

どちらにしてもインスタレーションはその人の内面に入り込むような感覚を強く感じる展示物だと思うので、
この日感じた事そのものが作者との交流・対話と言えるのかもしれない。


黄金町バザールは11月3日まで
bazaar001.jpg

  1. 2015/11/01(日) 14:12:02|
  2. 美術展・展示会など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入間航空祭2015 | ホーム | 2016年版カレンダー展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keyaki7.blog.fc2.com/tb.php/58-3b75af45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。