隅っこの部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マスキングの液の黄ばみ

水彩画で絵を描く時、マスキングの液をよく使っている。
とても便利なのだが、時間が経って初めて知った注意事項が分かったので
書いておこうと思う。

複数の絵を平行して描いていたり、一旦中断してしばらく置いておいたりして
「マスキングしっぱなし」の状態で長く置くと、ゴムの成分がべたべたに変化して
しまう事がある。こうなると剥がすのに一苦労。そまま剥がれなかったら絵が
台無しになってしまう。
変化の具合を比べた訳ではないが、夏などは特に気をつけたい。

うっかりそんな事になって、ラバークリーナーでこすりにこすってなんとか紙の白が見え、
ようやく仕上げた、というような絵があった。

20140911_4.jpg
 (画像は完成図の一部分です)
20140911_2.jpg

それが数年後…
ゴムの成分が容赦ないくらいに黄ばんでしまう。
ここまで目立ったのはこの二枚くらいだけれど、このような変色は、
ほんの一部の剥がしそこないでももちろん起きるので要注意だ。
sakura-kibami1.jpg
icyou-kibami1.jpg
変色したマスキングの液は、紙にがっちり染み込んでいていてもう剥がれない。

さて、この二枚どうすべきか。
水彩なので、修正するにしても絵を傷める覚悟でかなり思い切ってやらなければならない。
ためらいはあるものの「それができるのは作者だけなんだから」と思い切る。

sakura-kibami2.jpg
桜の方は薄い色の中にあって目立つし、範囲は狭いので削ってみる。

sakura-syuhuku.jpg
かなりしみ込んでいて削りきれないので、ある程度やったらジェッソで上塗り、
ピンクを少し入れて完成。


問題はイチョウの方だ。かなり広範囲で削れそうも無い。
紅葉だし影の部分だし、これはこれで…という気もしなくも無いけれど…。

以前、鑑定団で「受難者」という題名の木のキリスト像が、
火事に会って墨の塊になったのを、
作者の方が作品のテーマにも合っている変化で「これでこの作品は完成した」
と言い、価値が落ちる事も無かったとか。→これ

つまり私が「計算の無い変化で落ち葉が枯れるように色に深みが出た。この絵は
時を経て完成したのだ!」と納得ずくで言えばこれが正しい色になるわけだ。

でもやっぱり修正する。
icyou-syuhuku.jpg
様子を見ながらジェッソと色鉛筆を少しずつ丁寧に重ねて、ほぼ元の色に。


べたべたになった時点で懲りて注意するようになってはいたけれど、
今回の変色でいっそう懲りたので、マスキングは何日もぬり置きすぎない、
剥がし忘れないを肝に銘じる。

他にも、昔の絵にトレーシングペーパーをかけてそれを留めたマスキングテープの
粘着財の成分が何年も経って変化して絵の表にまで茶色っぽく沁み込んだ事もあるので
今はその部分にはメンディングテープを使っている。

マスキングテープは紙を傷めず簡単に剥がせて便利なので色々な所に使っている人も
多いと思うけど、長く貼っておくのには向かないので気を付けた方がいい。

  1. 2014/10/28(火) 21:39:04|
  2. 画材のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入間航空祭2014 (もう二週間も前の話題ですが) | ホーム | 2015年版カレンダー展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keyaki7.blog.fc2.com/tb.php/45-808d86ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。