隅っこの部屋

生誕300年記念 若冲展

私が若冲展を見に行ったのは、まだ始まってから3日目の4月26日。
40分待ちで入り、中に入っても混雑の中での鑑賞だったが、
今にして思えばまだ少しはましだったのかもしれない。
TVなどで特集番組がどんどん放送された影響か、5月12日には180分待ちで、
展示入れ替え後の『果蔬涅槃図』鑑賞は諦めてしまった。
その後更に混雑は増して行ったとか。今日が最終日だがどんな様子だっただろうか。

jakuchu001.jpg

フロアLBF
基本、人垣は二重。『動植綵絵』やプライスコレクションなどの見所が上の階にあると分かっていて、
この人混みの中、どのくらい粘ってこのフロアの絵を見るか、迷うところだ。

最初にしっかり足を止めて見たのは
○『隠元豆・玉蜀黍図』(4)
  元々墨の絵が好きというのもあるが、表現方法や技法が目を引いた。

○『糸瓜郡虫図』(5)この展覧会で一番最初に「こんなに細かいんだ」と思わせてくれる絵。
  後で出てくる予定の池辺群虫図に少し通じるか。

○『雪中雄鶏図』6番と8番と二つあり、年代はどちらも「18世紀」としか書いてなかったが
  8番の方が後から描いたのでは、と思った。鶏のポーズも8番の方が個性的だし
  笹に乗った雪も8番の方が重みまで感じられていい。
  得意の鶏はいくつも描いていくうちに、もしかしたら若冲にとっては
  安心して自由自在に描ける便利な対象になっていて、実際に色々試したり神経を注いで工夫したのは
  背景の方かも。
02.jpg

○『虻に双鶏図』(24)
かわいい。
アブを見上げる手前の鶏の"キャラクターとしての面白さ"がすぐに目に付くが
やがて奥の、あまりに単純な後姿が気になり出しそちらばかりに目が行くようになる。
「何を見て何を考えているのか」などつい想像したくなるのはこちらの方だ。
話題の"筋目描き"がはっきりわかる。
j06.jpg

○『玄圃瑶華』(32)
  これは本の表紙とか何かの目的に使われたのか、「何」なのか聞きたくなるような
  白と黒の強烈なシリーズ。植物と虫の配置、画面の切り取り方が面白く、
  図案辞典を見ているようだ。
  これを更におしゃれにしたようなのが
○『花鳥版画』(33)で、着物の柄か風呂敷にして持っていたい気持ちになる。
  お気に入りは33-6「鸚鵡図」ほしい。部屋に飾りたい。
j7.jpg

フロア1F
いよいよ動植綵絵のコーナーに。人垣は三重になっていた。
言っても仕方がないがやはり言いたい。混んでいる。
人垣は基本三重で、少し粘れば二重の位置に、かなり粘れば一番前に行けるものの
それを30回繰り返す気力がなかなか湧かない。
とりあえず、少しは人が少なく見えたので番号的には後半に当たる左側へ。

○『菊花流水図』2-29 
  2001年の初回放送か数年後の再放送で見たか忘れたが、NHKで放送した
  「神の手を持つ絵師 江戸の鬼才画家・若冲の不思議世界」で、ジョー・プライスさんが大変こだわっていた絵として
 記憶していたのでじっくり見た。(※1)
 「菊の花の立ち姿」としての現実感はまったく無い。配置と流れと構図を見せる絵だ。
  菊の花がフグ刺しのよう。きっと検索すれば同じような感想を持った人がたくさんいるのでは。
  どうせなら本物のフグ刺しを見て「若冲の菊のよう」と言ってみたい。
j1.jpg

○『蓮池遊漁図』2-27
  蓮の葉と花の枠を使った額縁の中に魚が泳いでいるような絵。池をのぞき込んでいるようには見えない。

○『諸魚図』2-25
  名前の通り"諸魚の図"で、生きている魚が泳いでいるようには見えない。

○『池辺群虫図』2-23
  場所としてのリアルさよりも「対象の生物を展示する方に力を入れている」タイプの絵
 (群魚図や貝甲図など)の中では断然面白く、いつまでも見ていられる絵。人気もあるのではと思う。
 本人も楽しみながら描いたのでは。

○『芦鵞図』2-21
  鵞鳥の白がひたすら引き立つように描かれ、墨で勢いよく描かれた草の背景とのコントラストが面白い。

○『雪中鴛鴦図』2-19
  右の鳥に視線が行った瞬間、その鳥になって絵の中の世界を感じられたような気がした。
  構図と、その生き物の描かれた場所にもよるのだろう。
  目の前に立って、全体像を見なければ分からない、こういう体験こそ生で絵を見た甲斐そのものだ。
  他にもそういう絵がありそうだと、ここで気付いた。
  ここでそう思ったからと言って、この人混みで全ての絵の前でそうできるかどうか。

○『秋塘群雀図』2-18
  雀が飛んでいるようには全く見えない。尾形光琳の燕子花図屏風のようにコピー&ペーストしたみたいな描き方だ。
  狙いかもしれないが、どうしてその表現を雀で選んだのか分からない。魚以上に不自然だ。

○『芍薬群蝶図』2-17
  こちらも蝶が飛んでいるようには見えないが、蝶は模様として描かれる事も多いので、あまり変には感じない。
  中央下にいる小さな黒っぽい蝶に視線を移したとたんに、先のように蝶になって中に入ったような感覚になったので、
  この絵の主役は上の目立つ蝶ではなくこちらの小さい蝶に決定。
  この(一見そう面白くもない)絵でここまで感想を持てたのは次の群鶏図を見るための待ちが長かったためでもある。

○『群鶏図』2-15
  間違いなく近付くのが一番大変だった絵だ。
  皆、せっかく来たからにはこれだけは全体像を見たいと思ってここで粘るのだろう。
  あまりの人の動かなさに心が萎えそうになったが、仕方ないので私もがんばって見た。
  全体が見られた時間は少なかったものの、見えてきた時には本当に「奇麗だ」と思った。
  それ以外の感想を持つのが色々な意味で難しかった。

○『牡丹小禽図』2-4
  この日ベスト2の収穫の絵。
  まともな感想を持つ環境になかった「群鶏図」を除けば、動植綵絵の中では最も心を動かされた絵と言えるかもしれない。
  元々映像や画像で見た時には他と比べて特別な印象も持っていなかったが
  全体像を目の前で見ると、中央の鳥になって牡丹の海の中を泳いでいるように感じる。
  好き、というのとはちょっと違う気もするが、生で見ないと分からない感覚というのを一番味わえた絵だと思う。
j08.jpg

フロア2F

○『百犬図』15
  たくさんの子犬が描かれていて、仕草は可愛いのだが顔が可愛くない。黒目の部分が小さいせいだろう。
  ただ、一匹だけ妙に可愛く思えるのがいた。中央右あたりの、ちょっと怒りんぼ眉付きに見える黒犬だ。
  もしかすると、見る人によって「この一匹」、というのが見つかる絵なのかもしれない。
j09-2.jpg

○『蓮池図』36
  私的にはこの日最高の一枚だった。NHKの番組で紹介されていた時には華やかな鶏の絵の襖の裏側で
  枯れた蓮の寂しい情景中に新しい蕾の希望が描かれた絵だという事だったが、
  一目見た瞬間に、全体の儚い雰囲気がとても美しく、相当傷んでいるようにも薄汚れているようにも見える白地さえ、
  霞んだ空気が覆っているように感じた。
  特に一番左の一枚がいつまでも眺めていたい気持ちになった。
  図録を見てもTVで見てもこの感じは伝わらないだろう。
  この画像は襖だが、会場では掛け軸の形だった。
j12-1.jpg

j12-2.jpg

○『像と鯨図屏風』39
  大胆。好き。

○『月梅図』40
  同じような題材の絵の中では一番奇麗に思えた。梅の花が木に灯る光のよう。

○『菊花図』41
  動植綵絵でも思ったが、若冲の描く菊は全体としての形が独特で不思議だ。
  ポンと玉が二つ浮かんでいるようで、実際に菊に対してそういう印象を持っていたのかも。

○『葡萄図』42
  以前TVで、プライスさんが一番最初に一目ぼれした若冲の絵だと紹介していた気がする。
  塗り残しの白い線で仕切られたグラデーションの技法が、最初の方で見た隠元豆と同じで
  美しく、好きな墨絵だ。

○『鳥獣花木図屏風』48
  群鶏図に並ぶ人混みで、一旦見るのを諦め、
  5時を回ってからもう一度鑑賞に戻ったのだが、やはりちょうどいい距離から
  全体像を見るのは無理だった。
  少しずつ見たかぎり奇麗だという事だけは感じられた。群鶏図と同様、疲れと人混みでそれしか
  感じられなかったのが残念。

今回の展覧会に誘った知人が同行できなかったため、余ったチケットを使って入れ替え後に『果蔬涅槃図』を
見に来るつもりでいた。あまり近付かなかった『仙人掌群鶏図襖絵』(蓮池図の裏側)はその時によく見ればいいかと、
適当に流してしまったのを少し後悔している。
いずれにせよ、これ以上に混んだという日程後半はとても絵を鑑賞する環境だとは思えない。
もう少し何かうまい方法は無いものだろうかと思う。
ともあれ、おかげで見られた絵とそうでない絵がはっきりしたので、バラバラでなら別の機会に見る事もあるだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------
若冲に関するTV番組について

百犬図を特集した5/7日放送の「美の巨人たち」より

★50代の若冲は、動植綵絵を描き切ったら後は余生と考えていた。
動植綵絵を寄進し、自分の墓を建て、
墓石に銘を刻んでほしいと相国寺の禅僧、大典顕常に頼んだ。

大典が刻んだ銘の内容は以下のようなものだった。

動植綵絵を超えるものをこの先描くのは無理かもしれない ならば
僅かな米代と引き換えに水墨画でも描いて暮らすと若冲は言うが
それはあまりに後ろ向きというもの
御仏がこの世の全てを作られたように 絵筆であらゆるものを描き尽してこそ
安らかな気持ちでこの墓に眠れるのではないか

これを転機に、若冲はますます自由な画風であらゆる絵を描いていったという★
-----------------------------------------------------------------------------------
私ごときが失礼ながら「さすがいい事言う」と思った。才能ある人にはこれくらい言ってあげないと。

-----------------------------------------------------------------------------------
(※1)
解説部分と岸部一徳さんが若冲を演じた部分で構成された番組
「神の手を持つ絵師 江戸の鬼才画家・若冲の不思議世界」(2001年)

ジョー・プライスさんの、動植綵絵に関係する部分の出演シーンは次のようなものだった。
                ☆  ☆  ☆
29才の時、白黒の写真集で動植綵絵の存在を知り、『菊花流水図』に惹きつけられた。
動植綵絵を見るために何度も日本に通ったが皇室が所有する御物であり
なかなか願いは叶わなかった。
そして、ようやく年に一度の虫干しの時になら、との機会を得て7年越しに願いがかなった。

プライスさんの感想
 穴が開くほど写真を見ていた
 構図の素晴らしさと優雅な川の曲線に魅了されていただけで本当の力を知らなかった
 びっくりした。目の前にこの絵が現れた時ただただ感動でいっぱい
 7年間も思い続け夢にまで見ていた作品だった
 色彩にあふれ色が色が爆発するようだった
 青く輝く川、菊の花の透けるような白


相国寺では年に一度すべて方丈の間にかけられ、160畳の壁面を埋め尽くす。
菊花流水図の前に座ったプライスさん。「全ての絵が揃うのを見たのは初めて」
-----------------------------------------------------------------------------------



  1. 2016/05/24(火) 23:06:18|
  2. 美術展・展示会など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0