隅っこの部屋

2016年版カレンダー展

*「2016年カレンダーと原画・版画展」が来週月曜日から始まります*

2015年10月12日(月・祝)~10月24日(土)
11:00~19:00(最終日17:00)期間中無休
場所:ギャラリーゑいじう 
参加者名、場所(地図)などの詳細はHP[幻灯機]のinfoにのせました。

下のカレンダーの中身も見られるようにしてあります。通販先のお知らせもありますのでご覧下さい。

2016ca1-2.jpg

今年は17日夕方に親睦パーティーがあるようです。いろいろな作家さんに会えるのは楽しみですが
ギャラリーゑいじうさんに入りきるのか心配・・・
全員がいらっしゃるとは限らないけれど、増え続けた参加者がついに80名になったとか。


  1. 2015/10/09(金) 13:00:02|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年版カレンダー展

2015年版カレンダー展が始まりました。(12日~15日) 詳細はこちら→info
今回も多くの方が参加されているので個性的な作品がたくさん揃っています。


20141012-3.jpg

20141012-2.jpg

20141012-1.jpg

今回は休日の台風直撃も免れているし、まずまず運も悪くない方だとのんびり気分で
到着すると、いきなり思わぬ事態に翻弄されてしまった。

主催者の方によると、先にスキャン現場に置いてきた大きい方の額と絵に対して
「マットが届いていないから飾れない。」との事。
な、なんだって~~!そんなはずは…

「送ったはず」「届いていない」やり取りの末「じゃあ家に帰って確認してみます」と言って
帰りかけたもののそんなはずない。と、思う…
マットを切った事は間違いない。
小さい方の額と一緒に世界堂で準備したんだ。
だから小さい方の額は置いてきたんじゃなくて送ったものだ。
絵を差し込む押さえのコーナーをマットの裏に貼った。
厳重に梱包した事も思い出した。
白い袋に入れた覚えがある。
と少しずつ色々思い出し、家に電話して宅配の伝票も見てもらい「絶対送った。日付けも
確認した。白い袋だった。」と主張。(家から会場まで1時間半はかかるので必死)

梱包財の山の中から白い袋を見つけ、中を確認すると、出てきた~~!!
小さい額の箱より大きいマットが折れないようにダンボールの台紙に挟んで送ったため、
ただの補強板に見えたのかも?

無事額装されて、お客さんが来始める頃にはちゃんと飾ってもらい、ほっとして腰が抜けた・・。
扱う人数も増えているし、結局は自分の事に関する記憶なんて自分が一番信用
できるんですよ。断言されてもひるまないこと。

会場では、とても久しぶりの友人に会う事もできた。10年ぶりくらいだけど変わっていなくて
懐かしく嬉しい。
早めに行ったおかげでトラブルに対処できて、友人にちゃんと飾った絵も見てもらえたし、
初めて会う作家さんとも色々お話できたし、結果的にはいい日だった、と思う。

最後にコーヒーの代金を払い忘れて帰りそうになり、駅の近くで気付いて駆け戻ったという
オチ付き。ギャラリーの奥さまには次に来た時でよかったのに、と言ってもらったけれど
事を持ち越さなかったのだからやはり、なかなか悪くない日、だったのだ。


  1. 2014/10/13(月) 12:30:24|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年版カレンダー展

ただ今開催中です。今回は参加者が大幅に増えたので、個性的な作品が色々見られます。
ただ、スペースの都合上、飾られる原画が少なくなっているようです。詳しくはHPのinfoをご覧下さい。
14ca1.jpg
2F会場に置いてあるA4アートカレンダーはサンプルなので、1Fカウンターでご注文下さい。
10月5日まで。
14ca2.jpg

  1. 2013/09/30(月) 16:44:00|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうぶつたち

昨日は「私が観た動物たち展」のオープニングでした。
昨年、上野動物園でスケッチ会をした童美連の絵本作家やイラストレーターの
方々13人が参加しています。

20130529-1s.jpg

動物園では、興味深い動物がたくさん見られたのですが、
実は一番心を揺さぶられたのが、お昼を食べていた時に寄って来たすずめでした。

suzume-1s.jpg
suzume_2s.jpg

子供の頃、「雀は人には馴れない。雛の時から餌付けでもしない限り」と親にと言われた事がありました。
よく見かけるのに、寄れば必ず逃げる鳥。
一定の距離よりそばには絶対に近寄れない鳥、という印象があったのです。
ところがこの日見た上野動物園のすずめは、人が座っているテーブルに寄って来て手からエサを食べていくじゃないですか!
♪初めて手から食べてくれたっ♪私一人で興奮しておりました。

しかし、後にこの時の話を数人にしても取り立てて驚くような人はいなかったのです。
もしかしたら、すずめに近寄れないと思っているのは少数派でしょうか。
昨今のすずめってわりとこんなふう?
そもそも「ああ、すずめに近寄れない」としみじみ思ったりは普通はしないのかも。

「うじゃうじゃ雀が寄って来て…」と言う体験を語ってくれた友人もいました。
やはり昨今のすずめって…
数を減らしているそうだけど、鳩みたいに振舞う方が楽に生きられるという事でしょうか。

(すずめは今回の絵のモデルにはなっていません)
「私が観た動物たち展」は6月3日までです。詳しくはHPのinfoへ。

  1. 2013/05/30(木) 22:01:10|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0